親のかかわり方

親のかかわり方

小学生勉強できる子の親はどうしてる?頭がいい子の育て方かかわり方

小学生の親「子供が勉強できるようになる方法、頭がいい子の育て方を知りたい。勉強ができる子の親はどのように子供にかかわっているのか?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・頭がいい子=自分の頭で考える子を育てる10のことば ・勉強ができる子の親は子供から教わっている?! 頭がいい子っていろんな定義がありますよね。 成績が良い子勉強ができるだけではなくて、気が利く子、心がしっかりしている子、優しい子なども含みます。 いろんな意味で子供たちにはバランスよく頭のいい子になってほしいものですね。 頭がいい子=自分の頭で考える子として、育てる立場のかかわり方をアドバイスしてくれる良書を最近読みましたのでシェアしたいと思います。 10のことばというマジックワードが出てきます。すぐに実践できますよ。 親の普段の姿勢でおすすめの「子供からの教わり方」もご紹介します。 親が子どもの力を引き出す力を実感していただければ幸いです。
親のかかわり方

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
親のかかわり方

小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法

東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。
親のかかわり方

反抗期の勉強のさせ方は?子供の感情やストレスに注目した親の接し方

小学生中学生の思春期の反抗期の子供に親が舐められてはいけないとがんばることも多いのでしょうが、わたしはそれには反対です。親がどう思われようと反抗期の子供をどう助けてあげられるかがポイントかなと思っています。 子どもも親もイライラする反抗期。子供にいうことを聞かせるよりは親が接し方を変える方が解決に近づくと思います。 うちの子供たちも思春期にイライラしたり不機嫌な態度をとることがあって心配していろいろ調べたりしたこともあります。ベテランの母親でもないし心の専門家でもない私ですが、恨みを残さない反抗期の過ごし方を一緒に考えてみたいと思います。
親のかかわり方

テスト点数悪いことを親が叱るよりも効果的な中学生点数アップ勉強法

中間期末の定期テスト、実力テスト、模試など、テストの結果が戻ってくるのは、お子さん本人だけでなく、親、保護者の皆さんもどきどきしますよね。 良い成績をキープできていたり、前回よりも上がっていたりしたら、自然に褒め言葉が出てきますが、よくない結果が戻ってきたときについ叱ったり、小言をいったりすることもあるのではないでしょうか。 その次によい結果を出すために、悪かったときに親がどう対処するか、考えてみることも大事だと思います。
親のかかわり方

中学生のテスト成績上げ方は?親のできる声掛け学習習慣と環境づくり

中学生のお子さんの保護者の方で、テストの成績の上げ方を知りたい方は多いと思います。 私の子どものクラス担任の先生も、クラスの子たちはとても良い子たちなのに、勉強が苦手な子が多くて悩んでいますと先日の懇談会でおっしゃっていましたし、参加した保護者のみなさんも、口々に勉強、成績の悩みを口にされていました。 お子さん自身の努力ももちろん大事なんですが、わたしは、成績のよい子たちを見ると、「勉強する体の形」というか「勉強への姿勢」というのが、まずはポイントなのかなという気がしています。
親のかかわり方

中学生が塾で成績が上がらない!親が口うるさいから?詰めが甘い?

中学生の子どもに高いお金をかけて送迎の手間もかけ、塾にも通わせているのに、家では口うるさく言わないと勉強したがらず、成績も上がらない…ご自分のお子さんにそういう不満を持つ親御さんも多いと思います。 中1、中2でも気になるのに、中3になるとさらに親のほうが焦ってしまいますよね。 親だけに、わが子の勉強の仕方のアラが見えてしまい、詰めの甘さ、性格の欠点を責め立ててしまうのもよくある話です。 でも、お子さんはどう思っているでしょうか。責め立てられて、自信のある子に育つでしょうか。
親のかかわり方

中学生スマホ依存?勉強しない学力低下で取り上げる?いじめトラブルも

青少年のインターネット利用環境実態調査(内閣府)http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/chousa/net-jittai_list.htmlによれば、中学生のスマートフォンの普及率は5割を超えているそうで、中学生になると持っているお子さんが増えるようです。 わたしも中学生の子供の母親ですが、周囲では、部活の連絡や友達付き合いに必要だからと子どもにせがまれてしぶしぶ与えたり、親が仕事で忙しく子どもとの連絡用にスマホが必要になって買い与えたという例もききます。 ただ、スマホ依存症とでもいうのか、ゲームやライン、動画視聴に夢中になって、学力低下につながる例も少なくないようで、そういうお悩みもよく学級懇談会などでうかがいます。 どう対策するのが良いのでしょうか。
親のかかわり方

小学生子どもの家庭教育は母親サポートで勉強方法と学習習慣を身につける

小学生のお子さんの家庭学習について、お悩みのお母様も多いと思います。 宿題もろくにやらずにテストの点も悪いということもあれば、宿題しかやらないテストの点はいいが学習習慣がいまひとつついていないということもあるでしょう。 有名な通信教材をつかってみても、ためてしまて長続きしなかったというのもよくある話ですね。 中学受験をしない場合、普通の公立中に進学予定なら、小学生の家庭学習というのは何をどこまでするのがよいのでしょうか。 中学校で困らないための、小学校時代の家庭学習のあり方について考えてみました。
親のかかわり方

子供勉強教え方中学生リビング学習親一緒に勉強しない対策工夫

中学生の子どもさんが勉強しないことにストレスやイライラを感じている保護者の皆さま、お疲れ様です。 勉強ややり方を教えようとしても聞く耳をもたない年頃だったりして、やりづらいことも多いでしょう。 思春期、反抗期もありますしね。 うち...
親のかかわり方

ダメな母親で自己嫌悪?子供のテストの点数が気になりすぎる!

よそのお子さんの勉強や部活でがんばっている様子を見聞きすると、わが子と比べてしまってうらやましくなったり、わが子の成績を残念に思ったりして苦しいお母様もいらっしゃると思います。 そんな自分をダメな母親だと自己嫌悪になることもあるでしょう。どのお母様も多かれ少なかれ経験することではないでしょうか。 わが子がかわいいあまりについ、口うるさく勉強や部活について口出ししてしまい、中学生くらいのお子さんともめることもよくある話です。 テストの点などははっきり他人と比較できるものなので、なおさら気になりますよね。 どう気持ちを立て直していけばいいでしょうか。
親のかかわり方

中2の2学期中間テストは返却怖い!点数悪い場合も親は叱らないで

中学生活のちょうど真ん中に当たる、2学期の中間試験ですが、そろそろ実施を終え、返却されている学校も多いかなと思います。 お子さんのがんばりはいかがでしたでしょうか。 中1に比べて、学習量も多く、2学期の中間テストは範囲も広いうえ、夏休み、文化祭、運動会と行事が重なることも多くて部活も忙しいので、中だるみとばかりは言えないでしょうけど、勉強に力をいれにくい、がんばっても成績にあらわれにくい時期なんじゃないかと思います。 しかし、ある意味、中2までで習うことの半分以上が高校入試で出ることを考えると、本当に大事な時期でもあると思います。 テスト結果を成績をみるだけではなく、問題や答案もしっかりみなおして、今後にぜひ生かしてください。
タイトルとURLをコピーしました