勉強方法と脳科学!インプットよりアウトプットが重要で場所変える効果も

中受なし勉強法
この記事は約5分で読めます。

先日、中学生の効果的な学習方法について、ある塾の説明会に参加してきました。

脳の特性を知って学習に生かすという発想はわたしにはなかったので、とても勉強になりました。

せっかくなので、勉強になったことをいくつか御紹介したいと思います。

受験生向きの内容ですが、もちろん小学生から高校生まで役立つ内容だと思います。

スポンサーリンク

勉強方法脳科学インプット以上にアウトプットが重要

わたしが参加した説明会をやっていた塾は、ある大学教授の脳科学に基づく学習法というのを取り入れているということでした。

その脳科学によれば、脳は入力よりも出力が大事だそうで、つまり、インプット以上にアウトプットが重要。

覚える作業よりも、思い出す作業で記憶が定着するので、何度も何度もテストすることが大事なのだそうです。

なるほど、だから、塾という場所は大小さまざまなテストをしょっちゅうやっているのだと合点がいきました。

これは塾なしで家庭学習する場合にも参考になりますよね。

問題集を繰り返し解くなどもそれにあたりますね。親が簡単な小テストをしょっちゅうしてやっても良いのだと思います。

オレンジペンで書いた(もしくはチェックペンで隠した)文字の上に赤シートを載せて、何度も見て隠してキーワードを言えるようにするなどもいいですね。

ラーニングピラミッドというものの話もありました。どういう学習法が一番効果的かを表したものだそうです。

ラーニングピラミッドは以下のような項目を三角形で示したものです。

(下に行くほど効果が高くなる)
↓授業を受けるだけ
↓テキストを読む
↓ビデオや音声等を視聴する
↓実演、実技を見る
↓他の人と議論する
↓実際に経験、練習する
○他の人に学んだことを教える

アクティブラーニングという言葉をよく見聞きするようになりましたが、能動的な学びが一番身につくということなのですね。

受け身なだけ、授業を受けるだけでは身につかないということです。

なので、ほかの人に教えるつもりで自分自身に教えるための間違い直しノートづくりというのはとても効果があるということでした。

また、目で見て声に出すなど五感を使って覚える作業をするのも効果的で、記憶を取り出すためのさまざまなきっかけがあったほうがよいのだそうです。

歩きながらとか、書きながらとか、音を聞くとか、いろいろ自分に合う方法を試してみるとよさそうですよね。

勉強場所を変える学習に効果的薄暗いと集中できる

勉強する場所は静かすぎる場所よりも多少雑音があるくらいがよいのだそうです。

また、多少薄暗い部屋のほうが作業効率が高まるといいます。

そして、勉強場所は時々替えると学習効果が上がるそうです。自分の部屋からリビング、塾、学校などの自習室など。変えるとよいそうです。

脳は飽きっぽいんですね。

また、脳は疲れないという性質もあるのだそうです。いくらでも勉強してよいのだそうです。

なので、疲れているのは体のほうなんですね。

また、寝る前30分は暗記系の科目にして、数学などは学習の最初のほうの時間にするほうがよいのだそうです。

寝る前にディスプレイ(動画、ライン、ビデオ、テレビ)を見るのはよくないとのことでした。

スポンサーリンク

勉強前に水を飲むのは重要テスト前にも忘れずに

脳がしっかり働くためには、水分はとても大事なのだそうです。

勉強する前、テスト前には必ず水分をとるようにとうかがいました。

人は体内の1%の水分が失われるだけで支障をきたすのだそうです。

我が家ではいつも安いペットボトルのお茶を箱買いしておいて(学校にはまじめに水筒で行かせています、苦笑)、どこにいくにもちょっとした外出や習い事でもお茶を持ち歩く習慣があるのですが、それは理に適っているんですね。

また、成績が伸びるのは自らやりだした時なのだそうで、受験生でも冬休みから伸びる子はいるそうです。

いま、受験の最中でがんばっているみなさんもきっとこれから伸びます。応援しております。

以上がわたしがある塾の説明会で学んできた学習法です。

で、ちょっと気づいたのですが、アクティブラーニングで双方向性のやりとりがある学習法というのはとても効果があるということなんですね。

わたしが最近注目しているすららというデジタル教材も、学習する子どものアウトプットをとても大事にしている学習法で、授業(レクチャー)から双方向性のやりとりがはじまるんです。

ドリル、テストと、しっかり演習量も確保できますし、つまり、たっぷりアウトプットに時間をかけることができます。

やはり効果がある学習法というのは、現代の主な流れになってきているんだなと実感しました。

※すららが5教科対応になりました!※
理科社会は小3から中3の範囲
英語は中1から高3の範囲です。

すらら公式サイトはこちらです。

すらら 公式サイト
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
中学生の成績が上がる勉強法!苦手を克服する人気の通信教育すらら
親は働き盛りで、中学生の子供は部活に勉強!親も子も忙しい中学生時代ですね。 お子さんの勉強嫌いや成績の伸び悩みは深刻な問題になると思います。 頭の良い子ほどやっても無駄なことをしたがらないのでやる気も出なかったりします。 必要なことだけ学習できると直感的に理解できるタイプの通信教育は受け入れられやすいかもしれません。 学年相当の学習をしながら、無学年でさかのぼり学習もして、基礎学力の補強もしていけるのが、通信教育「すらら」の最大の魅力です。 すららの世界をちょっとご紹介したいと思います。

まとめ

覚える作業よりも、思い出す作業で記憶が定着するので、何度も何度もテストすることが大事。

自分自身に教えるための間違い直しノートづくりというのはとても効果がある。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました