勉強できない受験生!やる気と学力不足で不安?つらい悪循環を断ち切ろう

中学生やる気
この記事は約4分で読めます。

わが子が勉強できないとなげく親御さんは多いです。高校受験、大学受験を目の前にして不安な思いをかかえていらっしゃるお父さん、お母さんも多いと思いますが、不安なのは当事者でもあるお子さんも同じなのではないかと思います。勉強ができない悩みをどうしたらいいでしょうか。

スポンサーリンク

勉強できない受験生やる気と学力不足

勉強ができない悩みには大きく二つの意味があると思います。勉強のできない悩みを整理すると、お子さん自身が勉強をやる気が起きないということと、勉強をしても成績がなかなか上がらないということに分かれるのかなと思います。

勉強をすこしやってみてもなかなか成績が上がらないのでは、やる気を失って悪循環になってしまうということが多いのかなと思います。

よくいわれることですが、やる気というのは最初からあるものではありません。すこしでもまずやってみて、できるとおもしろくなって次に進むことができる、その繰り返しで、気づいたらやる気を維持できる状態になっている、やる気の習慣化というのが一般的な流れなのだと思います。

なので、できるところまでさかのぼって勉強をスタートすることでまずは基礎を固めていくというのがよいですね。このとき、周囲のお子さんの学習状況に比べて優しすぎる内容だなどと躊躇するとかえって学力の改善が遅れますので、思い切って、周囲は見ないようにしてご自分のお子さんだけを見て必要な学習内容に集中させるのが大事です。

おすすめの家庭学習教材として、さかのぼり学習も先取りもできるすららというのがあるのですが、こちらはある程度家庭で意識づけができる場合にとてもよいと思います。オンライン学習の通信教材なので、送迎の手間がなく、時間の縛りもないところが魅力です。高校受験対策や高3の共通テストレベルの内容まで網羅しています。

また、直に先生に接して指導してもらう塾の良さも生かしたいという場合には、スタンダードという個別指導塾が全国展開していて注目されているので、ご検討されるのもいいと思います。すららといっしょに資料請求だけでもしてみて比べるのもいいですね。

スタンダード すらら 公式サイト

スタンダードは通塾型ですが、新型コロナ肺炎の影響もあり、オンライン指導も選ぶこともできます。オンラインだけ、通塾だけも選べますし、オンラインと通塾を組み合わせたり、希望する一時期だけオンラインや通塾に切り替えたりなども相談することができます。塾費用も比較的抑えめで希望する教科だけ受講もできるので、選びやすいようです。

発達障害の小学生中学生が勉強に集中できない!イライラ嫌がる対策は?
発達障害の小学生、中学生の保護者「子供が勉強に集中できない。勉強の途中でイライラして嫌がることも多い。良い対策を知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・発達障害で勉強に集中できない子へのかかわり方のヒント ・発達障害の勉強でイライラする対策は静かな環境づくりから ・発達障害で勉強を嫌がる子にオリジナルカリキュラムの教材 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 わたし自身がADHDとアスペルガーの診断済み発達障害当事者で、娘二人は私に似たところもありますが、未診断です...。 発達障害の有無にかかわらず、子どもが勉強に集中できない時ってありますよね。 発達に凸凹があるタイプならなおさら得意な教科をもって自信をもってもらいたい、すこしでも勉強を好きになって楽しく学校に行ってほしいだけなのに...親の思いは空回りしがちです。わたしもそうでした。 子どものことをよく見て、子どもの個性に合う勉強方法を一緒に探してあげる そういう辛抱強さが必要なんですよね。 最近読んだ発達障害の本の中から、自閉症スペクトラムやADHD、LDなどの集中するのが難しいお子さんに対するかかわり方、環境の作り方のヒントをいろいろピックアップしてみたので、ご紹介したいと思います。 最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介していますので、お楽しみに!
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。

勉強できない不安できるところから自信を付けて

すららもスタンダードもよいところは、勉強ができない不安に徹底的に寄り添ってくれる姿勢があることだと思います。

親が、一緒に教科書を読み込み、学校や市販のワーク問題集をやりこなしていくのにつきあってあげるのも一つの方法ですし、試験前だけでもつきあってあげるとほんとうによいと思いますが、普段できるだけ、自分ですすめてくれる力をつけてほしいというのが親の願いだと思います。

個別指導塾のよいところは、親以外の大人に身近に接してもらって、不安を受け止めてもらい、影響をうけることができるというのが魅力なのかなと思います。スタンダードは、個別指導だけに、先生と生徒の相性にも目を配り、必要なら先生のチェンジにも相談に乗ってくれますし、たとえば女の先生がいいなどの希望もできるだけきいてくれます。

親以外の大人に触れるというのは学校の先生もそうですが、若い塾講師や憧れの大学生に話をきいたり、きいてもらったりの関係もよい影響が期待できますね。年の近い先生に励まされて自信がつくという面もあると思います。

スポンサーリンク

勉強できないつらい悪循環を断ち切ろう

勉強ができないつらい悪循環を乗り切るためには、まずは、客観的に自分の実力を教科ごとに見極めるということと、必要なところまでさかのぼって勉強をスタートさせるということが大事です。

すららでは学力診断で自分の立ち位置が自動的にわかるしくみになっていますし、個別指導のスタンダードでもまずは学力チェックや成績の相談から、お子さんごとに必要なカリキュラムを洗い出すことをしてくれます。

すららは5教科対応なので、たとえば、特に苦手な教科だけ個別指導を利用し、普段の勉強はすららで、と、両方うまく活用するのもよいと思います。

まとめ

勉強ができないつらい悪循環を乗り切るためには、まずは、客観的に自分の実力を教科ごとに見極めるということと、必要なところまでさかのぼって勉強をスタートさせるということが大事です。

スポンサーリンク